料金に対する考え方

箱と電卓

料金が全てではない

質の良い物は魅力的ですが、価格が安いことも魅力の1つと言えます。たとえば、引越しを業者に依頼する際、安い料金プランを探すのは適切な行動です。安く済ませられた方が金銭面の負担を小さくできるため、お得な引越しとなります。しかし、安さだけで業者を判断してしまうのは、必ずしもベストな判断にはなり得ません。なぜなら、安さが魅力的だったとしても、サービスの質が低い可能性があるからです。そのため、荷物の運搬作業が終了した後、依頼して良かった感じられる業者を選ぶことが重要です。しかし、安さも魅力の1つなので、まずは希望料金の業者をいくつかピックアップします。次にその中からサービス面で比較し、最終的に依頼する業者を決めることで、最適な業者を発見可能です。

お得に済ませるためのコツ

安い引越し料金にするためのコツは、荷造りを行う際に物の仕分けを徹底的に実施することです。引越しの料金が高くなってしまう理由は、転居元と転居先までの距離が長いこと、そして運搬する荷物が多いことの2つが考えられます。転居元と転居先までの距離は、転勤や家族の事情が理由となるため、簡単に変更できない場合があります。しかし、運搬する荷物は努力次第で減らすことができます。物の仕分けを実施するのは荷物を段ボールに収納する前に済ませておきます。物の仕分けと段ボールへの収納を同時に進めるよりは、処分する物と段ボールに収納する物をきちんと仕分けしていた方が作業は効率的です。荷造りを行う際の仕分けは安い料金にするための基本的なコツですが、メリットは大きいです。

自分のことのように接する

作業員の男性

引っ越しをする際は、業者に代金や梱包、搬入などのサービス内容を詳しく尋ねておきましょう。梱包を自分で行うと、費用を安く抑えることが出来ますが、大きな家具などは難しいため、簡易的でも業者に依頼した方が安心です。思い入れのある家具であれば、事前にそれを伝えておけば配慮してくれます。

もっと読む

工夫は見積もりと荷物量

ダンボールを持つ男性 見積もりの仕方と荷物量の工夫で引越し料金を抑えることができます。相見積もりと時期の設定で、自分にあった業者と引越し日を選択できます。また荷物量を工夫することで引越しコストを抑え、料金を安くすることができます。

もっと読む

家財道具を運ぶための相場

電卓とダンボール

引越しをするさいのネックとなるのが、荷物を運ぶための費用です。引越し専門業者に依頼した場合には最低でも3万円以上の出費は必要になります。一方で運送業者を利用した場合には近距離に限られますが、1万円程度で荷物を運ぶことができます。

もっと読む